1. TOP
  2. お酒の紹介
  3. エル・カストローデ・バルトゥィエ・メンシア

エル・カストローデ・バルトゥィエ・メンシア

【エル・カストローデ・バルトゥイエ・メンシア】

 

スペイン北西部の注目産地D.O.ビエルソ産、固有品種メンシア100%の赤ワインです。
スペインのみならず世界でも屈指と呼ばれる天才醸造家ラウル・ペレス氏の実家のワイナリー[カストロ・ベントーサ]の作品。

この2018年はパーカー91+点。
『ニュアンスがあり上質なタンニン、シリアスなフィニッシュ!!』と激賞しています。

樹齢80-120年の古木メンシア種100%。
深みのある赤紫色。
ダークチェリー、カシス、ブラックベリーの凝縮したフルーツの鮮やかなアロマ。
リコリス、ナツメグ、クローブのスパイス、スミレ、ミネラルの印象もあります。
繊細さのある甘酸っぱい香りに心癒されます。
口中ではカシスリキュールのような凝縮した果実味、メンシア種らしいハイトーンの繊細な酸が特徴的。
クリアでしっかりとした旨みとスパイシーさが口いっぱいに広がります。
シルキーできめ細かいタンニンと冷涼な軽快さがありながら、飲みごたえがあり満足感の高い一本。
シリアスで高級感のあるフィニッシュと、クリーンで長い余韻が楽しめます🍷

 



TOP

TEL
📞

Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseRussianSpanish